November 27, 2008

それは本当に民主主義なのか

 年明けに乗り継ぎでバンコクの空港使う予定の小市民としては、「市民民主連合(PAD)」の空港占拠の話がかなーり気になっています。

 ただ、引っかかるのは今のタイでめちゃくちゃな言論弾圧とか武力による圧政がひかれている様子がないのに、「何故、暴力による革命を目指すのか」ということなんだよね。首相は民主主義の原則、多数決で選ばれているし。

 力による革命は言葉による対話が出来ないときの最終手段なのに、安易にそっちの方向に頼ることが許されるのなら結局は暴力に訴えた方の勝ちと言うことになるでしょ。それは民主主義以前に文化的な人間の社会ではないよね。

 PADに関してこんな表記を見たのだけど、これが本当だとするとちょっとなぁ。それに乗せられている人たちのレベルもちょっとなぁ。

(以下 リンク先:newsclip.beより引用)

〈民主主義のための市民同盟(PAD)〉
 タクシン元首相に私怨を持つとされる実業家のソンティ氏が2005年に設立。タクシン氏の王室への不敬、汚職疑惑などを追及し、2006年春には数万人規模の街頭デモをバンコクで連続開催、政治機能を麻ひさせ、2006年9月のクーデターを呼び込んだ。2007年末の総選挙でタクシン派のサマック政権が発足すると活動を再開。バンコクの首相府やプーケットなどの地方空港を占拠し、政府に退陣を迫っている。PADの背後には、タクシン政権時代に利権を失った旧権力層や財閥がいるとみられる。「民主主義のため」と名乗るものの、今後の政体として、下院議員の7割を任命制、3割を公選制にするよう提案するなど、その主張は、プレム政権時代(1980―1988年)の「半分の民主主義」システムに近い。プレム氏 (元陸軍司令官)は首相退任後、タイ国王側近の枢密院議長となり、タクシン派に2006年クーデターの黒幕と目されている。PAD指導者の1人のジャムロン元バンコク都知事はプレム政権時代に首相秘書を務めた。PADが今回、バンコクの首相府や国営テレビ局を襲撃・占拠したのは、プレム氏の88歳の誕生日に当たる8月26日だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 09, 2007

これね、これが高齢化ってことね(The Zimmers)

ジムで読んでいたGQにてThe Zimmersなるお達者バンドがYOUTUBEにて大反響という記事を読み。

さがしてみました。

うちらも着実に年を取っていくけれど、彼らのようにかっこよく立ち上がれるかねえ。
ネットの匿名性を隠れ蓑にうじうじやっていると昔を懐かしがるだけの社会のお荷物になってしまいそうで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 20, 2006

いやだからそんなことではなく…

どこかの日本航空ファンの方が今朝、某航空掲示板に「JALのHPにはタイのクーデターについての記載があるのにANAのそれには全くない」といういつもながらのレベルの書き込みをされてましたが。
(どうして日系の掲示板ってこういうのが絶えないのか。とくにJAL)

そんなことならユナイテッドは予約変更についての特例措置を掲載しています
「不測の事態が起こったことをのせるのせない」じゃなくて、「不測の事態に対して客へどのような対応をする・しない」のレベルの差異じゃないと喧嘩のネタにもなりゃしないと思うのだけど。
つか、平和ボケしている国とそうでない国の国民性の違いととらえるのは考え過ぎかしら。

※(追記)夜になってJALのページみたらようやく載ってました。こういう事態が起こったときの対応が社内でルーティン化されてないということかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 10, 2006

消費者は王様?

なんだか世間では白インゲン豆ダイエットで腹壊して放送局に抗議電話が500件とか何とか。
どっかできいたことあるなと思ってアメリカから個人輸入したダイエットサプリの効能書きを見てみると「White Kidney Beans Extract 100%」と書いてありました。なーんだこれか。

だけど、そもそも電話する先ってテレビ局じゃなくて医者じゃないのかしらと私なんかは思ったりするのです。これが「不凍液ダイエット」とか「シケモク一気食いダイエット」みたいに食物でないものを取りあげてるなら問題だと思うけど、白インゲン豆ってスーパーで普通に売っている食材で人間が何百年も前から食ってるものなんだからそれで腹壊したっていってもそれは個々の体質なんだしそれこそ自己責任の範疇ではないかしら。テレビ局が悪いなら、「危険な」豆を販売した店も、「危険な」豆を生産している農家も全員同罪ということになると思うんだけど。
話は変わって、ある掲示板でこんな書き込みをみたんだわさ。
(話ははしょってます)「ヒルトンのサイトで24~28日まで滞在希望の場合、24~28日まで続けて予約すると254ドルの料金が提示されますがこれを24~27日にすると214ドル、27~28日が254ドルとでました。予約を分けた場合、4泊目は部屋を変わらなければならないのでしょうか?なぜホテル側はこんな事するんでしょうかねー」
まぁこういう場合は分けた予約の部屋のレベルが同一であればかわんなくてもいいんだけどそれ以前の問題として、私の経験だと、ここのサイトってそういうときは料金表示の色変えて「滞在中に料金が変わるので料金表示をクリックして詳細を確認してください」って表示が出るのよね。そんでもってクリックすると何月何日まではいくらいくらでそのあとはいくらいくらで合計はいくらという明細が別画面で出てくる仕様になってて実際の予約内容も途中の料金変更を反映されているわけだからあえて予約を2つに分けなくても一回の予約で事足りるわけさ。ホテル側にしてみればちゃんと注意書き書いているだから後ろ指を指される覚えもなかろうに。
そんなわけで「私が予約入れるときはこれこれこういう感じですが、その辺いかがでしたか?注意書きが表示されてなければシステムの欠陥だと思いますがそうでなければ画面表示の仕様ですよね。」というレスを返してみましたが。

で、思ったのだけど「消費者だから(視聴者だから)完璧なサービスを受けられて当然で、粗相があったらサービス提供者側は首くくれ」みたいな風潮って最近とみに強くなっていると思うのよね。特に団塊の世代。(ちなみに私はこの単語をよく「だんこんのせだい」と発音してしまいます)
だけど、サービスする側もされる側も人間なんだし、何かの不備や齟齬があったとしても話し合ったり、和解したり譲歩するために言葉や思いやりはあるんだし、そもそもその齟齬自体が消費者側の思い違いからくる事だってあるわけだから不平を言う前に立ち止まって考えることも必要だと思うのよね。

「AをすればBがもらえる(Bといういいことがある)」という話を聞くと後先考えずについ飛びついてしまいがちだけど、その裏にはAという行動からBという成果を生み出す機序や理由が必ずあるわけだし、人それぞれの能力や特性は異なるわけだから必ずしも全ての人が全く同じ果実を手にすることは保証できない。自分の起こした行動の結果は行動主体の特性や周辺環境の影響を受けると同時に結果への責任もセットでついてくるということって、当たり前のことなんだけどどうしてみんな忘れてしまうのかしら。不思議だわ。
まぁそういうことで甘夏嬢の風水の話はその辺が非常に明確で非常に感じ入っているのよ。早く宗教法人作りましょうよ。設立の暁にはあなたの写真集出版ということで>甘夏

| | コメント (4) | トラックバック (0)

January 17, 2005

Vodafoneのキャンペーン

駅にて。3G移行に追いつきたいのとシェア確保の意気込みが伝わってくる。
因みに、D嬢はVodafoneの3Gをみて、「ゲーム好きの若い男の子にうけそうな形だけど、私には厳しい」というコメントを。同感。2Gはいいカタチもあるのに。それとも、3Gの想定顧客はそういう層ということか。050117_212901.jpg

| | コメント (20) | トラックバック (0)