April 20, 2014

山根慶丈さんという人を知りました

今朝、itunesを開いたらtotubeatsなる若人の方の「ディスコの神様」という曲のイラストが目に入って、曲を聴かずにぽちしてしまいましたよ。ついでにDon't Stop The Musicという曲もむっちりした大江千里みたいでおもわずぽちしましたよ。
知らない人の曲が流れてきたときにShazamで検索して買うという行動はあるけど、ビジュアル先行で買っちゃったというのは初めて。
山根慶丈さんという方のイラストということがわかったのだけど、1990年生まれということでびっくり。懐かしい絵柄にエロティックな隠し味がうまいこと統合されてるのがいいのかな。言葉にするのは難しいけどとにかく好き。

80年代末〜90年代頭は、学内サークル芝居の脚本書きにあけくれて、その絡みで学外の演劇関係の知り合いも出来たりで毎日がキラキラしてて、そのあと憧れの東京に就職して「高速バスに乗らんでも気軽に芝居が見られる!」ともう一段階テンション上がった時期。なぜか下北のシェルターのオーディションライブに着物着て「夏のお嬢さん」を爆速で歌ってたり、身の下方向も充実してて「今が一番楽しいから、ここで人生終わっていい!」とかとんでもないこと考えてたなぁ‥
山根さんの絵は「これからどんどん物を創ったり試したり出来る」と根拠なく思ってた(でも前向きだった)昔の自分を思い出させてくれました。時間が出来たら、また文章書いてみようかなと。

で、ふと思ったんだけど昔は(今もか?)「新しいのが良い」という基準の下に「流行り物」に猫も杓子も飛びついて、賞味期限が切れると「古い」の一言で切り捨てられてたよね。
ただ、芸術の場合時代に関係なく良い物は良いし、新しくても先にマーケティングありきの無難で等質な物が大量生産されて大量廃棄されていくのであれば後には何も残らない。
「新しい」とか「古い」とかという基準よりも、時代に依存せずどれだけ普遍性を保てるかというジャンルの特性で分けた方がビジネス的にはいいんじゃないかな。
クールジャパンとはいうけれど、賞味期限が異常に短い物を海外に輸出したとしても祭りにしかならないし、そもそも東洋の島国の文化に食いつく層ってニッチだと思うよ。日本だと、そうだなぁ‥中東文化レベルじゃないの?
で、クスクスやフムスに食いつく(というかまず存在を知っている)日本人がどの位いるかだよね‥
「国内で浮き世稼業が稼げなくなったから海外に食い扶持を求めて、結局夢破れました」みたいな結果に終わらないと良いけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 19, 2011

6月が無事終わりますように

えー、上期のハードスケジュールも佳境に入ってきまして、疲れのあまり
起きられずに会社を休んだりと言うこともありました。

で、最近はスクエアのシリコン型を入手して簡易フルーツケーキを焼いたりして過ごしてます。

今抱えている大きな山が終われば少しは楽になるんですが…

  photo.JPG

あ、あとえげれすに行ってきましたよ。写真はここここ


P1050654.JPG

| | コメント (0)

June 16, 2011

初スイカ

生協で、お任せのお得なくだものセット【何が来るかわからない闇鍋的なもの】を頼んでいたら、唐突にスイカが‥
1308219281947.jpg
もうひと頑張りしたら夏だなぁ。一番好きな季節。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

March 27, 2011

ちょっとがんばってみよう

花粉。凄いですな。昨日所用で横浜行ったらもう大変なことに。
今日も大変そうなので、ジョンとヨーコのようにベッドイン(一人)で花粉に抵抗運動を続けている始末。

で、ちょっとこの間凹むことがありまして、(理由は割愛)自分の財政状態をよくしていかないと
いけないなぁと反省したのですね。
とはいっても、ぎりぎりまでやっちゃうとメンタルに来るのは目に見えてるから、ちょっとずつちょっとずつ3−4年かけてやっていこうと思います。やれる範囲でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

February 19, 2011

エディタのテスト中です

すみません。エディタのテスト用の原稿です。

絵はこないだサンフランシスコにて乗り換えた際のサインボード。アスキーアートの発展系みたいで
いいなぁと。

P1050509

|

January 12, 2009

ありがとう

一人でいると、先の見えない中で、不安に押しつぶされそうになって。
やらなくてはならないことが、どうしてもできなくなって。

外に出て、電車に乗って。はるゑさんちに行った。
太陽の光を浴びたら、すこし気持ちが楽になって。
冬の陽の中を、てくてく歩いて。

二人で、こたつに入っていろんな事を話して。
なんどもなんども、いろんな事を話して。

「先のことを心配しても、どうすることもできないから。」
「まずは目の前のことを、一つ一つ片付けないと。」

そうだね。目の前のことを。一つ、一つ。

ありがとう。本当に。ありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

December 01, 2008

淋しさを人に言うな


 中島みゆきさんのローリングをこの間歌ってみました。音程がばしばしぐらついて、その上がんがんリズム取り走ってうひゃーという感じですが。みゆきさんのアルバム収録曲ってほんとにいい歌が多いんだよね。

 この歌もその一つで表題のフレーズを聴く度に「泣き言は言わずに一人で強く生きて行かんと」と思いを新たにするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏庭

日曜日。ふと思い立って裏の公園に行ってみた。

水筒には淹れたての紅茶。読みかけの文庫本。

お腹がすいたので、反対側の出口からいつもは使わない道へ。 水琴窟というラーメン屋を発見。

鳥の声を聞きながら読書再開。気持ちのいい場所は結構身近にあるモノだったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

November 19, 2008

おぢさんがイカ臭い(誤)青臭い(正)こと言っちゃうぞ

 実は真田十勇姫の二巻ですけど二周目いっちゃってるんですわ。これが。  ほら、素人のつたない感想に直球でお返事いただいちゃったら、それへの返礼はやっぱり一撃必殺クラスの気合いを込めてお応えすべきだとおもうわけやね。殺しちゃまずいけど。そんなわけで丁寧に読み進めているところです。

 で、まぁ、感想の書き方についてかなりもやもやしていた物があったんだけど、自分の言いたいことに一番近いのはこのブログのエントリなのかなと思ったわけさ。文章の魅力って書いている人間のアクとか歪みとか行き過ぎた感受性から出てくるもんだから、何言われても平気な打たれ強くて健全な人間が書いた文章なんてつまんないでしょ。つか、聖人君子で立派な人間じゃないと立派な文章が書けないわけでもないし。むしろその逆か。

 学生時代に芝居やってた時にさ、舞台終わった後でお客さんのアンケートみんなで読むわけさ。そういえば「こういう内容の話は芝居じゃなくてコバルト文庫でやるべきだ」というのがあったあった。あの時あの意味をもっと深く考えていれば今頃は、とかそういう話じゃなくてね。うん、そう。「建設的な批判になっている感想」と「単なる脊髄反射の垂れ流し」になっているのが玉石ごたまぜなんだな。

 前のエントリでも書いたけど同じ一文「おもしろかったです」と「つまんなかったです」の間には大きな違いがあって、後者は問題点を見いだしておきながらそれに対する改善案を故意に提示しない、もしくは問題点に上手くフォーカスして抽出する能力がない、もしくは改善に至る方策を提示するスキルがないのどれかにあてはまるわけだよね。どれにしても、「発見した問題点を改善する意識も能力もない人」はおぢさんの仕事場では「口だけで成果を出せない使えない人」ってレッテル貼られて厄介者扱いされるんだけどね。

 芝居の先輩でKさんという女性がいてさ、稽古中とか芝居が終わった後にかなり率直にだめ出ししてたんだ。「お前の**が駄目」とか「そんな**じゃお客さんに失礼だ」とか。正直むっとすることもあったけど、最後に納得しちゃうのは指摘するポイントが的確だからなんだよね。批評する実力のある人間は何言っても許される。
 逆に言われた方がネガティブな印象しか持てないというのは批評者のスキル不足が大きいよね。まぁ、言われた方の言語認識能力の問題や自己認識の甘さから来る物もあるかも知れないけど。ただ、単純に「つまらなかった」というよりは「どこがどうつまらなかった。その理由は**だからだとおもう」という方がいいわけだし、「ここが面白かった」というのは積極的に伝えた方が書き手のモチベーションも上がるし。

 で、今読んでる二巻だけど一巻よりも読みやすくなってるし、面白くもなっている。暖機運転終わっていま公道に出ましたみたいな感じ。そこに至るまでは色々なフィードバックだったり、試行錯誤があったのではと思ったり、「この人は真面目に書く人なんだ」ということを感じて好感が持てました。はい。

 やっぱりさ、新人の書き手さんは読者がエールを送って、応援して、育てていく余地が大きいと思うんだよね。最初から完璧じゃない代わりに可能性がある訳なんだし、面白いなって思った人には長く書いて欲しいのが自然な感情だと思うから。面白かったら素直に「面白かったです」、違うなと感じたら自分の中のレトリックを総動員したオブラートにくるんで「**が**でちょっと物足りなかったです」と声をもっと伝えていくべきなのかなと感じている今日この頃。これは音楽でも絵画でもいっしょだけどね。今までずっともやもやしていたことをこのエントリで一気に放出してすっきりしたので今夜はよく寝られそうです。では。

追記:相手の気持ちを思いやるのは文化的な人間が見ず知らずの人にコミュニケーションを取るときの最低限の礼儀ですやね。あんまり自分に正直すぎると世界規模でお里が知れますよっつーことで。
婉曲表現を使っても先方には言いたいことはちゃんと伝わりますわいな。ほら、言葉を扱うプロが素人レベルのレトリックに惑わされるわけないじゃん。ねえ。

業務連絡:今度会ったとき、この問題とライトノベルにおける悪意の取り扱いについてとしさんと三人で語り合いたいんでよろしくお願いします>瑠璃子嬢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

November 16, 2008

ある日曜日

ひねりも何もないエントリでごめん。

五反田のジムに行って泳いだ帰りに、五反田の駅ビル内「めい」にて野菜ビピンバなるものを食す。辛くなくて美味。

短編のプロット書きに図書館に行く道すがら、草花が美しかったので撮る。

帰りに目黒でケーキ買って帰る。プロット書くのって本編書くより地味かつ大変な作業だと思い知らされつつ。 自分の場合本編はノリと下半身でがしがし書けるけど、プロットは脳で考えて理詰めでとつとつ書いていくもんなのでとにかく時間が掛かるんだと気づく。

野菜スープを作りつつプロット書いて、食事しつつ「Lの世界」第4シーズン見て、馬のニンジン代わりにケーキを鼻先にぶら下げてプロット書いてという感じ。

大人ですからね。自分のだまし方くらい自分で分かるのですよ。

ちなみに、これからケーキ食べて「ケーキ食べたならプロット書かないと」とまたまた自分を騙します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

November 13, 2008

世の中まだまだ広い

D嬢、久方ぶりにうちに遊びに来る。

焚いてたインセンス(日本香堂のフレグランスメモリー)と同じシリーズを持っているということが発覚。

マーサスチュワートが45人分のパエリアを作る動画で盛り上がる。 おみやげにマカロンを持参。銀座三越のラデュレがイベント用に作ったものとのこと。

で、そのイベント。フィガロジャポンの読者懸賞で新しくオープンした宝石店でネイルしてもらいながら宝石を見るという内容。店の商品のイエローダイヤの指輪をはめて写真を撮ってもらうイベントつき。

「おっきいなぁと思った。8800万円だって」淡々と語るD嬢。

8800万円。キャッツアイ来ちゃうよ。ルパンとか。

ちなみにそれを経験すると「500万円のネックレス」とかいわれても「ふーん」という感じになって一気に購買意欲がなくなったとの由。イベント的には成功だったのかそれ。

その後、鈴木真砂女の話題から「言葉は人の思考を形作る基礎である」という所に話が流れ、D嬢が先日見たドキュメンタリー番組に話が飛ぶ。事情があって学校に通えず文字が読めない人が数は少ないけどまだ日本にいるという話。おばあさんが懸命に半年勉強して書いた作文を読む話を聞き、感動すると同時に原稿用紙2枚に5時間かかった我が身につまされる。「文字が読めなくても、内的な言語は豊かなんだよね」というD嬢のお言葉。その逆もまた真なりだったりして。


Mさんと会話。一人カラオケに行った話から、ボックスの持ち込み禁止へと話が広がると。

「あー、私もこの間ブロッコリーとマヨネーズ持ち込んだんですけど、店員さんチラ見でスルーでした」との発言。

これもこれでD嬢並の衝撃ですわ。


という話を足裏マッサージをしてもらっている時に、施術者のYさんに話す。

「一人カラオケ私も良く行きますよ」との話。そうなんですか、と返すと。

「ふるさと(沖縄)の海に行くと波の音で聞こえないからなんでも叫び放題だけど、東京ではそんなことはできないから一人カラオケに行くのです」というお言葉。ガツンと来たね。世界はまだまだ広いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 25, 2008

実家に帰らせていただきます

ああ飲み放題
ああ飲み放題
週末、実家に帰ります。全日空国内線で初めて特典航空券使うことになりビクビクしながらユナイテッド航空からのメールコピーを窓口に出したら気持ちよくチェックインしてくれました。
チェックインもセキュリティチェックも専用レーンが使えてするするいけたのには「去年のあの5万マイルの苦労は無駄ではなかったのね…」とちと感無量でした。
初めてついでに国内線のラウンジに。意外と質素なのね…
ビールがのみ放題ですが下戸にはあまり関係無く…とりあえず携帯とPC充電しています。そういえば広島行きが5分遅れて平謝りの館内放送をききました。さすが日系。私的にはそこまでやんなくても…と思います。
その位で騒ぐような客は速攻貨物室放り込め。←市井のブログっぼく書いたつもりがラストで馬脚露呈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 05, 2008

ぼちぼち書いていきます

長いこと書いていなかったらゆかりさんが心配して連絡をくれました。
誰も読んでいないと思っていたけど、どこかで誰かが読んでいる物だなぁと少し感激。

無理のない程度に、書きたいときに、少しずつ書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 23, 2007

PASMOってそんなに便利?

五月原さんにコメント書いているときにちょっと気になったので記事にて再掲。
PASMOのサイトをよく読んだら、駅の窓口で普通に買ったPASMOにはオートチャージ機能がつけられないということらしいですが、そのあたりを皆さんお含み置きの上で初日に行列して記念PASMOをお買い求めになられたのかしらと案じています。
ハウスカードを作ってほしい販売施策もあるとは思うけど、Suicaがモバイル対応を強く打ち出しているのに対して、PASMO陣営はオートチャージを前面に出してますわいね。オートチャージができると勘違いして駅でPASMO買っちゃった人もわりといるんじゃないかと思うけど。
つか自分はPASMOにチャージするカード情報がモバイルSuicaみたいに後から手軽にひも付けできる物だと思ってました。オートチャージしたかったらクレジットカード作ってというのは譲るとしても、対応PASMOを別に郵送で受け取ってみたいな手間を踏まないといけないというのは、昼間に書留受けとれない東京シングルガール(自己申告)的には正直モバイルSuicaよりも敷居が高いわ。いらんクレジットカードもつくらんといかんし、休日の貴重な時間をヤれるわけでもない郵便配達の殿方待ちに費やすというのもつらいわ。
自分が私鉄オンリー定期の人間だったらダミーでJR区間をつなげちゃってモバイルSuicaで発券しかねないかも。
急いでるときに料金不足で駅の精算機や券売機に並ばないといけないというのはきついし、自分の場合えてしてそういうときほど残額不足って起こりやすいわけで。
ペーパーワークがいらなくて、クレジットカードも自由に選べるモバイルSuicaがそのままオートチャージ機能を実装したら結構使い勝手の差が広がると思うのはいらぬお節介か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

March 19, 2007

モバイルSuicaで連絡定期を買いましたよ

3月18日。首都圏の私鉄でPASMOサービス開始の日。ようやくこの日がやってきましたよ。
とか書き出してみましたが、自分的にはPASMOはどうでもよくて、携帯のモバイルsuicaに目黒線とJR線の連絡定期を発券できるようになるのでたのしみにしてたんですわ。今までは目黒の駅で携帯だしてー定期入れだしてーと煩雑だったのが携帯一本にまとめられるというのは朝の通勤時にはすんげぇありがたいことでございますことよ。
区間変更だと定期の払い戻しで窓口に行くのがめんどくさいから今月の上旬に両方の定期が切れるように調整しておいて、サービス開始日に新規購入できるようにいざ準備。

ということで日曜の朝。起き抜けにノートPCでモバイルSuicaの会員ページにアクセスしてみましたよ。発駅、到着駅を入力したら、どこで接続するのかきいてきて、目黒駅を指定した後のJR区間の経由選びは以前と同じ。1分かからずに定期の予約が出来ました。そのまま携帯のsuicaアプリを立ち上げて予約した定期券の購入を選択。思っていたよりも簡単に連絡定期の新規購入ができました。

ベッドの上で。

なにがありがたいって、モバイルsuicaのありがたい所は駅の窓口や機械の順番待ちをしなくても家で定期が買えることなのですよね。年に数回のことだけど冬の寒い中や仕事で疲れているときに延々立ちっぱなしで並ぶのは精神衛生上あまりよろしくない。家でのんびりしている時に買えればそれに越したことはないと思うのですわ。好きなクレジットカードで決済できるからマイルも貯めやすいし。
逆に、この辺りからメリットを受けない人がモバイルsuicaを作る意味があるかというとやや疑問。チャージするのにも通信費がかかるしね。

で、PASMOってしばらくはモバイル版は出なさそうだけど【運用&各キャリア用のアプリ開発経費を各社でどう負担するかでもめてるとかハウスカード(鉄道会社の自社カード)以外の決済をどう扱うかなど政治的な問題だと妄想中】、あれって登録したクレジットカードから自動でチャージはしてもらえるけど定期は自動で更新されないんだよね。
ということは定期の更新時期には自販機or窓口に並ばんといかんという訳か。まぁそれ以前の問題として、外資系の航空会社でマイル貯めている人間にはチャージの決済手段が鉄道系列のハウスカードだけという時点で、かなり圏外ではあるのだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

October 28, 2006

あら、予想外。

ソフトバンクの予想外割の問題点について、色々な方が指摘されてるのであえて書くことはしないけど。
電車の待ち時間に、『予想外の電話料金はらえなかったり、解約時に電話機の残債が払えない若人はどうするのかしら』とPTA的に考えてみました。
いやなパターン1は『クレジットカードに課金されて終わり【延滞→信用情報にキズ】』、だけど、口座振替払いのユーザーが残高不足の場合だったら逃げ切れるかしらとシミュレーションしてみたですよ。
でも冷静に考えたら滞納者情報は携帯電話業者間で共有するルールな訳だから携帯契約できなくなるリスクを考えたらやっぱり駄目だわ。こんな予想外のうっかりヤングが出てこないことを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 02, 2006

ガラテヤ人改め五月原清隆さんへの手紙【ソフトバンクモバイルについて】

いま、私の手元にauのW32Sという銀色の端末があります。
この端末はauでの2台目の端末です。その前の端末はW21S。初めてauに入ったのは2004年の夏でした。あの夏の日の上野駅の熱と埃のこもった空気の匂いは今でも覚えています。その二ヶ月後、別れがあってまた私の部屋は荒川を越えて目黒線の小さなアパートに戻ったのです。
一緒に暮らす前にもう少しいろいろ考えていればよかったのかもしれませんが、どうしても目先のことにとらわれて道理にあわない判断をするのが私の悪い癖です。

初めての携帯はドコモでした。1994年の買い上げ制度がはじまる少し前から携帯を持っていたので10年程ドコモユーザーだったことになります。
電話番号が変わるのは少しいやでしたが、携帯のキャリアを変える理由がありました。
話は少しさかのぼって2001年の秋。ドコモはFOMAの商業サービスを開始しました。新しもの好きの私はそのタイミングでFOMAの第1号機N2001に機種変更をしたのです。固定電話との通話時に非常に音の良さに感動しました。が。
とにかく圏外が多いのです。ムーバの800メガ帯に対し、直進性が強く障害物があると遮られやすい2ギガ帯を使っているわけですから基地局をムーバよりも細かく配置しない限り電波の網の目から漏れる部分が出るのは自明の理。とは頭でわかっていてもあまりにも耐え難く、2台目のN2051に変えてしばらくたったある日、鶯谷から上野に向かう山手線の車中でその日3回目の圏外表示を見てキャリア変更を決めたときにはFOMAにしてから2年半以上経っていました。
時は移り、ドコモの新端末リリースといえばFOMA新機種リリースと同義語になったこのご時世でもドコモがムーバをやめられないのは、FOMAの基地局網の整備レベルがまだムーバのカバークオリティに追いついていないからではないかと思うのです。
ボーダフォンがドコモと同じ方式の3Gサービスを始めたのはドコモよりも1年遅れてからだったと記憶しています。ボーダフォン3Gの網の整備レベルが現在の1.5ギガ帯サービスの2G(PDC)のそれに追いついているのか私にはわかりませんが、先週の孫さんの記者会見で発表された13機種全てが3G端末ということは網の整備によっぽどの自信があるのか、2G端末をどんどん3G端末に置き換えて早く2Gサービスを停止したいかのどちらかなのでしょう。
五月原さんは現状の打開策として「機種変更端末の価格統制を撤廃し、10ヶ月以上利用すれば安価に新機種へと乗り換えられるようにする事」を掲げてましたが、それならいっそのこと第三国あたりで安い3G端末を大量に作り、2Gサービスを停止して巻き取り交換してはどうかと思うのです。
少なくとも同一エリアで複数のサービスを行うコストは削減できますし、2Gで使っていた1.5ギガ帯を3Gに回してエリアを充実させることもできます。

だけど、そんなことはすでにソフトバンクモバイルの中では検討済みなのかもしれません。その上で、そんな手間をかけなくてもユーザーが目先のディスカウントにつられて自発的に端末交換をしてくれる手段がスーパーボーナスなのだとおもいます。

人間は、自分で思うよりも目先のことにつられて非合理的な判断をする生き物なのでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

September 29, 2006

【業務連絡】モバイルSuica移行について注意

乙女のみなさんこんにちわ。
モバイルSuica移行ですが、移行した当日は定期券機能のみ移行との情報が。
もとの定期に入っていたSuicaマネーの移行やモバイルSuicaヘのチャージは翌日朝からなので、電車に乗る用事がすんでから家で電源アダプタつなげてパソコンでの仮登録→ゆっくり本登録した方がいいみたい。
【でも当日でもコンビニでチャージできそうな気が…日曜日実験してみるかも】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

September 26, 2006

紀香ねぇさんはバロメーター?

さて、一部の乙女の皆様にメールにてお知らせしたとおりボーダフォン(つかソフトバンクモバイル)がスーパーボーナスなる名目で人々にローンを組ませようとしておりまして、なんだかもうYahooBBや日本テレコムのごとく使えるものは山羊でも使いそうな勢いのソフトバンク商法新装開店の趣です。
J-フォンの時代、この会社は「写メール」や「ステーション」のような新しいサービスを次々発信する通信事業者だったのにいまではすでにできあがったインフラと顧客網で金を引っ張る集金マシーンでしかないのかしらと、嘆息しています。「写メール」で藤原紀香女史がCMやっていた頃の勢いはもう期待できないのかしら。
と、考えるに紀香女史が日本航空で「バーゲンフェア」とか踊っていた絵面が思い出の底から意識の水面に浮かび上がりました。ここも紀香女史がCMから降りてしばらくたった今ではなんだかダメダメな感じ‥
というわけで、藤原紀香女史の今まで出ていたCMをWikiでひもとくと
1998年~ - カネボウ
1998年 - 三菱自動車工業
1998年~2003年 - 東京デジタルフォン・J-PHONE
1999年~2003年 - 日本航空

と、なんだかすてきな企業が列記されてきましたよ。出演本数が多いから統計的にCM契約解除後ダメダメになる企業が出てきても当たり前っつったら当たり前だけど。
乙女の勘的には「紀香女史をCMからおろすと時間差でその報いが現れることが多い」という法則が。

とりあえず個人的にこれからが楽しみな企業は
2002年 - 財務省/国債 と 今CMやってるソースネクスト。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

August 29, 2006

イエローナイフ?

イエローナイフ?

イエローナイフ?

電車待ちの一時、黄色いカモノハシのような新幹線を発見。話には聞いてたけど実物はそれなりにインパクトありますわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

August 25, 2006

じんせーメリーゴーランド

中学に入って友人が、出来た。
途中で引っ越したりいろいろとお互いの状況は変わったけれど、上京してからもなんやかんやと交流があって、夜中に長電話してはいろいろなことを語り明かしていたりもしたんだけど。
こちらが社会人になり、彼がイラストレーターデビューのチャンスをつかんだ辺りから徐々に連絡が途絶え始め。あっけなく音信不通と相成ってからはや10年以上。

ひょんなことから、彼のブログを発見してメールを出してみましたが、やっぱり返事は来ませんでした。

人の気持ちなんて結構簡単に移ろうモノよねと思う一方、社会人になってから出来た友人が、何度職場を変わろうと何度引っ越ししようと、しぶとく関係が続いているのも思い起こし。(しかも予想外な人ほど長く続くもんだね)
その辺プラスマイナスで帳尻が合ってるのかなと思うわけですわ。いつもみなさんありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

August 21, 2006

コリント人改め甘夏嬢への手紙(肩こり編)

最近、疲れとります。特に眼・首・肩。
先日なんかついに「肩が凝りすぎて吐き気がする」レベルまでいきましたので目黒の足裏マッサージ(チェーン店)に行ってきましたですよ。
お店の雰囲気が静かだし、マッサージ内容もそんなに悪くないので気に入ってはいるのだけど、ただ一つの難点はフットバス中に渡されるパンフレット。
以前はマッサージスクールの宣伝周りだったのが久しぶりにボリュームアップしたそれを開いてみると「ホニャララを浄化する水」だとかなんとかだかオカルトスピリチュアル方向のチラシが増えていて、そっち方面にアレルギーのある私としては複雑な心情に。
需要のあるところに商売の種を求めるのは自然なことだから否定することは出来ないけれど、そんなにお手軽にサプリメント買うような感覚でスピリチュアルなアイテムに手を出していいものかというわだかまりがあるですよ。ああいうのってもっと自分の深いところと対話しながら使うべきモノじゃないの?とか思うのだけど。
精神世界モノは「ここまで」という明確な区切りがないから自分で自分を律することが出来ない人は手を出すべきではないのではないかと案じる日々。あ、セルフコントロールの出来る人はそもそもそういうのいらないのか。

※結局肩こりは最終兵器とプールとあなたが眉をひそめそうな運動で改善の方向へ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

July 08, 2006

なんだかナイトメア

風邪っぽくて、ルル飲んで寝てたら

1.松浦亜弥と泉ピン子が笑顔でえんえんと腹の探り合いをする。

2.仲がよかった(という設定)中学時代の同級生がヤのつく自由業のリーダーの方の運転手になっていて、職場訪問に。

という夢を見ました。スリリングスリリング。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

June 27, 2006

待っても春などくるもんか【はるゑさん海外発券に挑戦の巻】

私の海外発券に刺激され、はるゑさんから「バンコクでどうやったらチケットが買えるのか教えて!」というメールが。早速『海外発券について考える女の会』を開催。
煙立ちこめる新宿のロイホは雨宿りの若いつがいの男女とマルチ商法の話をするグループでごった返していたけれど。100メートル先からでもわかりそうなオレンジと茶色のまだら模様の衣装に身を包んだはるゑさんは明らかに違和感ムンムン。
話は予定調和的に脱線し
「男の言葉なんて全部嘘!『奥さんと別れる』の言葉を信じて25年間人生を捧げたあげくがこのざまよ!」
「女は売れるときに売っておかないと後は何をやっても一人!腹をくくって一人で老後を過ごす準備を始めるしかない!」
とはるゑ節が炸裂。はるゑの咆哮に空も応えて雷が。嵐が。←実話。
はるゑさんのテンションが上がるに従って周りのカップルのテンションが急降下というか青菜に塩。話を元に戻して、海外発券の最初段階では片道入国する必要があるので注意が必要という話になると。
「そうよね。私も昔アメリカに片道航空券で入国しようとしたら別室で尋問されたわ!」とすてきなお言葉が。
どう切り抜けたのか訪ねると「残高証明で2万銀行に入ってるっていって通してもらったわよ」とのお言葉が。単位はUSドル?
「イギリスポンド!」
ありがとうございました。なんだか桁違っているのではないかと思いますがそういうところをつっこむレベルの話ではありませんね。「結局世の中最後は金か暴力で生き延びるしかない。人間は裏切るから」という結論に達したのを聞いて周囲のマルチ商法の人々が真っ暗な気持ちになった模様。
その後「ところで、私がバンコクから旅行を始めたらどこかで合流しましょうよ。どこで合流する?シンガポール?ロサンゼルス?日本?」となんだか縮尺の間違っているお誘いで無差別にとどめを刺したのでした。
その後、日を改めて渋谷で第二ラウンド。ユナイテッド航空のマイレージは年間に25000マイル乗ると「プレミア(Premier)」と呼ばれてレベルが上がり、マイルにボーナスがついたりビジネスカウンターでチェックインができるという事を知ると「私もプレミアム(Premium)になる!」と意気軒昂。【二回ほど修正したけど結局はるゑさんの脳内ではPremiumという事に】どうしたら年間に25000マイルを消化できるかといそいそと大学ノートに鉛筆でプランを書き込むはるゑさん。

雨上がりの日曜日、表参道のカフェにてバンコク行きの特典航空券をとりましょうという話になったその瞬間。カフェのお姉さんが私たちのテーブルにハンドベルをコトリとおいて。
「これからここを新郎と新婦が通りますので良かったらこの鐘で祝福してあげてください。」
一瞬の逡巡の後、私たちは。
「ごめんなさい。これから用事があるので‥」と拒絶。
幸せそうな新郎新婦を背にして「バンコクまでセーバー特典大人一枚!とにかく1月中にとれればいつでもいいです!」と携帯相手に声を張り上げるはるゑさん。その甲斐あってか、なかなかとれない「セーバー特典(標準のマイル数の半分で航空券がもらえる特典」をゲットできたのでした。
「やっぱり、結局は自分でいろいろあがいてみないと何も手に入らないのよね!」
私もそう思います。
確かに私たちは馬鹿かもしれません。こういう生き方は多大にエネルギーの無駄遣いだと思います。
だけど、人に頼らずに自分自身の力で生きていかざるを得ないジャングルに放り出されたら。
強くなるしかないんです。強くなりたくなくても強くなっちゃうんです。目の前に障害物があったら金属バットで撲殺してでも排除するしかないんです。
安全地帯からの気休めの言葉にすがれるほど聡くもないし、自分の人生を俯瞰出来るほど悟ってもいないから。かっこわるくてもしぶとくあがいていかないと。ね。

【BGMは中島みゆきの「北の国の習い」で】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 23, 2006

なにをいまさらといわれそうですが

世の中には『所有することに喜びを覚える』人と『使用することに喜びを覚える』人の二種類がいるんだなと今朝気がつきました。モノであれ、思想やメソッドであれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 21, 2005

もしかしたら私たちは「ゆとり」の意味を間違えてるのかも

寝る前に航空会社のサイト見てたらこんなページが(Premium Serviceだとちょっとストレートすぎるんでp.s.ってひねっちゃったらしい)

ユナイテッドって商品名にだじゃれ使うことが最近多いんだけどそれがいちいちいい感じでツボにはまる。
商品名も、商品コンセプトも、サイトの作りもきちんと足並みがそろってる。アメリカ人は大味だって誰がいったのか。というか、日本でこういう「ゆるめかつおしゃれ」って商品の売りかたあんまりない気がする。
こういうしゃれのわかる生き方ができる大人になりたいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

March 17, 2005

言葉は世につれ。(そしておいていかれた私)

最近年をとったなと感じることがあり。
というのが、「ワラ」とか「w」とかが意味として理解できても読んでて釈然としないものが残る自分の認知構造に気がついたのです。
(笑)っていうのが昔はやったときもそうだったけど何だか中途半端な文章の〆かたに感じられてすごくいらいらする。日本語でも英語でも必要最低限のことを簡潔に必要最低限の言葉でばしっと言い切るような文章が好きなのだけど、文末に変なものがついてるとなんだかあいまいに笑いでごまかされているように感じてしまう。
というか、「それっておもしろい?」みたいなところでwとかつけられると「ごめんなさいあなたのお里のセンスにはついていけそうにありません(つか、そんな中途半端な〆でいいんだ?)」と速攻で白旗あげてしまうのだけど。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

January 30, 2005

眠くなるお茶

カモミールとレモンバーベナとリンデンを同量。昔飲んだ就寝用のハーブティによく似た味がする。多分これにラベンダーを入れればいいのかな。
ひょんなことから映画を見に飛び出して24時間ぶりのわが家。
見たことのないものを見て、食べたことのないものを食べて、行ったことのないところへいって。
この24時間、楽しかったね。
あとどれだけこんなに毎日が送れるかわからないけど。難しい顔で不平を言うよりは楽しく生きていこう。
そんなこと、もう少し頭が悪くなってからでも遅くないし。
それでは、おやすみなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

January 27, 2005

ごめんなさい。タイトルだけに惹かれました。

8さんがこういう記事上げてたけど。
足ツボマッサージいきたいー!!台湾かシンガポールでの施術を希望。

| | コメント (8) | トラックバック (0)