December 13, 2008

PlayStation Homeのキャラクターをつくってみたらなんかエロい感じに

 PlayStation Homeというサービスが始まりましたよ。PS3のユーザが使える仮想空間とのこと。オンラインゲームしない自分にはあまり関係ないと思ってましたが無料なのでとりあえず起動してみました。

 で、自分の分身のキャラクター、アバターを作るわけですがこれが結構面白い。  違うパターン同士の顔の骨格を比率調整して混ぜ合わせたり、しわに関するパラメーターもあったりするだよ。アニメっぽくデフォルメされてないから、個人的には取っつきやすいかな。

 男性キャラクターを作ってみたら、自分の煩悩駄々漏れの結果に。おっさん汁でまくり。

 女性キャラクターを作ってみたら、なんだかエロい人妻もしくは未亡人的な感じになってしまいました。デス妻のブリー好きが反映したのかも。

名前はデボラとかそんな感じ。 「あの夜…主人も私もひどく酔ってましたのでよく覚えていません。どうして一人で沖まで行ったのかしら」

「船着き場にあの人の船が戻って来ているような、そんな気がするんです」

「遺産…ですか? そういうことは弁護士の先生にすべてお任せしてあるのでよくわかりません。チャリティーパーティーの準備があるので、今日はこれで…」

パーティーの盆踊りの練習に打ち込んで、悲しみを癒す未亡人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

November 03, 2007

THE EYE OF JUDGMENTやってみましたよ

以前書いていたTHE EYE OF JUDGMENTをかったら、スカーフみたいなマットとウェブカメラがついてきました。「これは大切に保管してください」っつーのがよい感じ。
P1040154.jpg

3×3の9ますの上にカードをおくとモンスターが出てくる仕組みになっていて、先に5マス取った方が勝ちの陣取りゲームですがこれがなかなか奥が深いのです(写真はイメージ)。

P1040155.jpg

モンスターを呼び出すためにはマナというコストがかかるのだけど、強いモンスターはそれなりのお値段になっているので必ずしも強いカードがあれば有利という物でもないのです。結局持っているカードの力をどう使い切るかという着回し・使い回しのスキルに近い物を感じました。
P1040156.jpg
標準でついてくるカード以外にも別売りでカードが売られていて、強化したい人は別売りをかってねということになってます。8枚パックで400円。ねぇさん(長女)を連れて行って5組ほど引かせたらよいレアカードが出てきましたのでくじ運の強い人を一緒に連れて行くが吉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 17, 2007

THE EYE OF JUDGMENT

うちに「すてきDVDプレーヤー」なる黒い箱がやってきました。
っつーのは、中古1万円で買った21型ブラウン管テレビに代わってハイビジョン対応の液晶テレビ(家庭内尊称「テレビさん」)がいらっしゃったのはよいのだけど、レンタルDVDをみる度に普通のテレビ規格の画質の荒さが際だって、「これは日本人にテレビだけではなくハイビジョン対応のレコーダーをも買わせようとするフリーメーソンの陰謀かしら(そして憲法が書き換えられ日本はアメリカの植民地の旨明文化)」とナイトール片手に眠れぬ夜を過ごすことになったということがあったのです。嘘ですが。
そんなある日、ご近所の会社が出してる「プレイステーション3」というすてきDVDプレーヤーにDVDを入れると走査線525本の画面をすてきCELL演算パワーでハイビジョンの1080本プログレッシブ規格にアップコンバート(変換)してくれるということを知り買いに赴くことになったのでありました。とりあえず「デスパレートな妻たちセカンドシーズン」等をみてみましたが確かにノイズの少ないソースは相当いい感じで鑑賞できますわ。
この箱でゲームも出来るらしいのですが、特にRPGにもシューティングにも興味がなく、ゴルフに至っては「ひかりの空」と「プロゴルファー祈子」と「女帝の主人公・彩香がミナミのエレガンス時代に組長をかばって銃弾に倒れ、そのことが後に彩香の女帝伝説の礎になるのであった(ナレーション:来宮良子)」程度の興味しかないので全く食指が動きませぬという感じでした。「ポポロクロイス」と「家、建てます!」と「サンパギータ」が移植されれば買うかもしれませんが。
そんなところに「THE EYE OF JUDGMENT」なるカードゲームが発売されるとの情報が!←JUDGEMENTでなくJUDGMENTなのね。
カードゲームっつったらあれですよ。なんか「俺のターン」とかいってカードを出したら地面が揺れたり火山が噴火したり海が割れたりして、挙げ句の果てに40日間雨が降り続き箱船から放した鳥がオリーブの枝を咥えて帰ってきたら水が引いて陸地が現れた証しみたいな。まぁなんだかよくわかりませんがおもしろそうということで、5年ぶりくらいにヨドバシのゲーム売り場に行って予約してみましたよ。
予約した後でもう少し調べてみたら、カードはカードで買い足すものみたいなんだな。ということで、30枚のデッキ(セット)を5種類通販で注文し、また調べたらカードを整理するファイルやカードに傷がつかないよう保護するスリーブなるフィルムも必要とのことで人生で初めてゲーマーズ詣でするハプニング発生。カードゲームってお金がかかるものだねぇ。

ということを、昔ポケモンカードゲームにはまった娘を持つ妹(主婦A)に話したところ。
「ゲームまだ来てないのに、カード関連でそこまで準備するのは出産前の妊婦と同じ心境だと思う」と一挙両断されました。というか、このソフトあんまり宣伝してないみたいだけど、大丈夫かな?
久しぶりにわくわくしていますが。

追記(10/30)
DVDプレーヤーとして、プレイステーション3を買った方はほかにもいらっしゃることを発見。暖房器具として買われた方の登場が待ち遠しいですね。でも、上にアロマオイルの皿載せてオイルヒーターくらいには使えると思うんだけど。その後アロマ火災発生→消防士とハッテン。微妙に韻を踏んでていい感じですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)