« July 2008 | トップページ | September 2008 »

August 30, 2008

新境地開拓!?

【これまでのあらすじ】
初の海外発券にチャレンジしたはるゑさん。その後
バンコク→シンガポール→成田
成田⇔シカゴ
成田⇔ラスベガス
の行程をこなし無事プレミア会員に。
今年はシンガポール周りでパリに行き一気にマイルを稼ごうとしていましたが、
遊びに行く予定のパリ在住のお友達の都合でNGになってしまったとのこと。
で、そんなはるゑさんから電話が来ました。
「来年は25%ボーナスはあきらめようと思うのよ… で、パリの代わりに

ボルネオに行こうと思って。


「シンガポール航空で」

↑スターアライアンス的に重要

ボルネオですか…

はるゑさん談によると。
「成田を夜に出ると午前1時にシンガポールにつくのよ。そして朝の8時にコタキナバル行きが出るから
空港で寝れば一泊浮いてちょうどいいのよ。
一泊浮くからちょうどいい。これからのキーワードです。
コタキナバル行きというと、マレーシア航空を使うケースが多いみたいだけど、シンガポール航空かますとマイルをためられる旅程が組めるんだねぇ。
その後、いかにして「マイル加算率のよい航空会社で」「安くヨーロッパに行くか」という話になり
スイス航空はけっこういい線行っているのではないかという話で盛り上がりました。
☆安さだとタイやアシアナもあるけどマイル加算率の点で不安が残る

来年ははるゑさんスイス航空でオスロ行くかもネタが勃発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 28, 2008

3人以上でエコノミーに乗るユナイテッド航空上級会員様はお気をつけ遊ばせ

 飛行機ネタが続いて失礼

 前にも書いたと思うけど、ユナイテッド航空のエコノミークラス前方ブロックには座席の前後間隔をちょびっと広げたエコノミープラスという座席があるですよ。

 で、そこを指定できるのはユナイテッド航空のマイレージプラスの上級会員とグローバルサービス会員、エコノミープラスの年間契約者だったけど。
※他社の上級会員は以前に対象者から外されました

オンラインチェックイン時や、空港チェックイン時、出発ゲートでエコノミープラスをその都度買えるようになったんで、WEBでもおおっぴらに告知するようになりました。

 お値段もサンフランシスコ・ロサンゼルス間で14ドルからとお求めやすく(成田ロス間109ドル)門戸は広がるわ、ユナイテッドに現金が入ってウハウハだわで、パパあしたもホームランだね!

と、ここまではいいんだけど。画像はパパ。

Tilton


 ワンタイムオプションのmore detailsをクリックするとこういう文章が出てきたわけさ。

United offers complimentary Economy Plus seating to its premium customers and one companion, including:

  • Mileage Plus® Elite members
  • United Global Services® members

 えーと、マイレージプラスの上級会員とグローバルサービス会員には本人と同伴者1名までエコノミープラスを無料であげますよ。ってことなんだけど、「同伴者1名」という範囲を明文化しちゃったって事は、3人以上で旅行した際にあぶれる人が出てくるって事だよね。いままでは同伴者という表現で人数までは明記していなかったんだけど…

Member must have Elite status at the time of travel to retain complimentary reserved Economy Plus seats. For multiple companions, members can purchase Economy Plus seats for each additional companion when viewing an itinerary via My Itineraries on united.com.

 で、上級会員の同伴者が複数になった場合にはあぶれた分のエコノミープラスオプションをユナイテッドの旅程管理ページから購入できますよと(つーか、買えってこと?)。

 こういうふうに明文化されることで、いままでなし崩し的にエコノミープラスに乗れていた人が乗れない可能性が出てくる。例えば家族旅行。お父さん一人が上級会員でお母さん・子供という場合「お父さん+子供」「お母さん」という振り方にするのか家族全員通常エコノミー席にするのか、子供の分オプションを購入して全員エコノミープラスに座るのか。

 あと、ここまでカネにシビアにするなら離陸した後にエコノミーからエコノミープラス席に勝手に移動する人への対策を厳しくしないと不公平だよなぁ。今まではチェックイン時にスタッフ裁量でアップグレードしていたケースもあるみたいだし。さて、どうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 27, 2008

【中止されました】>ユナイテッド航空 ワシントン発着大西洋線でエコノミー機内食の試行有料化を10月より開始

【以下の書き込みですが、9/2に中止を決定した旨の報道がありました】

 えー、ちょっと前から「ユナイテッド航空は機内食を有料化する計画があるらしい」と言う噂が流れていましたが、この間こんなプレスリリース出ました

【2008/09/03現在、プレスリリースのリンクは残っていますが削除される可能性があります】

 おおざっぱにまとめると

  • 国内線のビジネスクラスの無料機内食をフレッシュサンドイッチとかスナックボックスに置き換える実験をしてみます。内容は国内線エコノミーで機内販売しているものと同一です。国際線とP.S.便のビジネスクラスはそのままです。
  • ワシントンダラス空港発着の大西洋線(ヨーロッパ方面)でエコノミークラスの機内食を機内販売に切り替える実験をしてみます。内容はフレッシュサンドイッチとか、サラダとか、スナックボックスとか。
  • 今年の末までやってみた結果を鑑みて、次の段階の施策を決定します

 と言うことなんですが。

 ユナイテッドエコノミーに載るとき(誤字わざと)、事前指定で機内食を「フルーツプレート」に変えている私としては、「まぁあんまりおいしい物が出るわけでもないしその分飛行機代が安くなるならいんじゃね?」というのが正直なところ。
 昔、水天宮前のTCAT(東京シティエアターミナル)でチェックインと出国審査ができた時代は、地下鉄を途中下車して三越のデパ地下でご飯買ってから機内に持ち込んでたしね。機内食が有料になるよりも、特典航空券に燃油サーチャージが掛かると言われる方がショックですわ。

 ちなみに現在国内線エコノミーで売ってるフレッシュサンドイッチがらみのメニューはこんな感じ。そんなに悪くはないんじゃないかな。

 ただ、スナックボックスのメニューは思い切り乾き物系っつーか、これに乾パン入れたらいつ地震が来てもいいような保存食系なので正直これはどうかと思うけど。

 で、10月1日からワシントン発着ヨーロッパ線のエコノミー無料機内食が機内販売に置き換わりますよっつーお知らせはもう載ってます。【2008/09/03現在、表記は削除されています】

 ワシントンとロンドンの間って思ったより短くて7時間位なんだね。とすると、日本から時間距離的に近いのはホノルルかなぁ。大西洋線で問題なかったら次はアジア線全便と、成田-ホノルル、もしかしたら成田-西海岸くらいまで範囲にはいってくるのではないかと思ってます。出国後の成田ターミナルはテイクアウトの食べ物買えるようなところが貧しいから、米国からアジアへの乗り継ぎ客はちょっと困りそうな気もするけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 19, 2008

ユナイテッド航空の力業。成田台北5000円也。

今年の春にユナイテッド航空の台北線がなくなっていたのですが、9月から台北線が復活するとの知らせを聞きました。
まぁサーチャージ高いし、近距離だからマイルもあんまり稼げないしねぇとかおもいつつ、ユナイテッド航空のサイトで料金をチェックしてみました。
Ws000000

まぁ27000円っつってもサーチャージ乗るから実質5万円じゃん。と脊髄反射して、ふと。
ココのサイトの値段表示って諸費用込み込みじゃなかったっけ?
え?でも、サーチャージ入れてこの値段っていうのは計算おかしくない?
というわけで詳細を表示してみると。
Ws000001

えー。あー。うー。
運賃5000円の、税金&サーチャージが22110円で27110円ですか。計算は確かに正しいですが。
こういうのってあり‥なの?教えて一休さん!
(個人的には新右衛門がタイプ。理由:あごわれ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

August 17, 2008

ESTA(米国電子渡航認証システム)に登録してみましたよの巻

(追記:ESTAってなに?というひとはまずこちら)

言うだけ番長になるのもアレなんで登録してみました。 どっちにしても来年はマイル稼ぎに2回は行く見込みだし、今度のお正月出発のバンコク発東京経由ロサンゼルス行きのチケットを先月慌てて買ったところだし(理由は8月からサーチャージが上がると言うことで)

米国サイトのESTAのFAQには「旅行の予定が全部キチンと決まっていなくてもESTAしちゃっていいですか?」っつー質問があって「とりあえずとっといてあとから詳細な予定が決まったときに登録情報を修正しても大丈夫です」という回答が出ていたのでその言葉を信じてやってみることにしましたよ。来年いくのは嘘じゃないんだし。

というわけで、アメリカの国土安全保障省のサイトへ。ばばーん。

ESTAの入口は結構地味。左側は渡航を申請したり、パスポートが変わったりして再申請する方の入口。右側は承認がすでに降りてる人が承認内容を確認したりそれほど重要ではない事項を変更するときの入口。

左側から入って申請を開始すると、アメリカにビザ無しではいるときの入国カード(I-94W)と同じ内容の入力フォームがあるのでそこにつらつら入力。

スパム防止用のチェック文字を入れる欄もありましたよ。目の不自由な人用に音声再生ボタンがあるとのことだけどSafariでは見あたらず。 最後に入力内容のチェックページが出るので内容確認後ボタンを押すとその場で渡航承認ページが出てきました。丁寧にやっても10分前後でできるんじゃないかな。

やってみて思った点。

1.この承認自体は2年間有効らしいけど、毎回同じ所に行くならともかく、行くたびに滞在先の情報は修正しないといけないん…だろうなぁ

2.瞬間的に承認が降りるのはいいんだけど、これってどのレベルの情報までで機械判断させているのか謎。仮にフォームに入れた情報だけで判断している場合、過去のオーバーステイなどが入国審査の場で問題になるのは導入前と変わらないんじゃないのかな。名前とパスポート番号から米国内での犯罪歴や不法滞在歴まで加味して自動判定しているならすごいけど。それか保留扱いにするロジック?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone使ってみて思ったことなど【ソフトウェア編】


えーと、これが使い始めて一週間ほどたったメニュー画面ですね。アイコンの配置から「電話とSMSはどうでもいいや」という心境が忍ばれます。というか実際使ってないし。電話のアイコンはそのうち二軍落ちするやも知れません。

結構頻繁に使うのがMobileme経由でMac本体と同期をとってる「カレンダー」、そしてTodoリストの「remember the milk」

Remember the milkは有料会員になるとiPhone用に最適化された表示画面を使えます。試用してみたところ非常に使い勝手がよかったので有料会員に。 サーバに繫がっていないと使えないオンライン型のWebアプリだけど、Wifiが無いところでも3G経由でTodoリストを入力しておけるので使い勝手はそれほど悪くありません。

駅前探検倶楽部とEvernoteもオンライン型のアプリ。

Evernoteはカメラ画像やテキストデータ、音声メモをサーバ上に保存してくれるアプリ。データはデスクトップPCと共有することも、Webページからアクセスすることも可能。 英語に限って言うと取り込んだ画像内のテキストを自動認識するので画像の中の文字から検索すると言うこともできる。たとえばVerdeで検索した場合、こんな感じで表示されます。


ただ、日本語のような2バイト言語の検索が弱いので、データの入力時には英語で検索用のタグをつけておいた方がよい。自分は、とりあえず名無しでサーバに登録してからPC上でタグ付けをやってます。

オンラインアプリの話が出たついでに、オフライン状態の時に役に立つのがByline。 Googleリーダーの登録フィードを読むアプリなのだけど、オンライン時にまとめてダウンロードキャッシュを作ることができるので、地下鉄移動中のように回線がないところでもフィードをゆっくり読めるのが便利。

標準でついてくる「Stocks」の株価コードがMy Yahooの株価コードと同じというのがわかったので日経平均とか、通貨のコードを登録してます。ぱっと見たいときにはこれで十分。 アイコンを載せてない「Tuner」というインターネットラジオアプリは、知らない音楽を聴いて気分を変えたいときにはいい反面、バッテリーがすぐなくなるので要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ESTA(米国電子渡航認証システム)2009年1月より義務化

(追記:実際の登録に関してはこちら)

えー、表題の通り。来年からアメリカにビザなしでいく人(つーか、日本の観光客はほとんどそうだと思うけど)は、事前にESTA(米国電子渡航認証システム)のホームページから渡航申請が必要になるんだって。
あ、アメリカ経由して別の国に行く人も対象になるから気をつけて。

申請する内容は、現在アメリカに行く飛行機の中で書く緑の入国カード(I-94W)の内容と同じ。ホームページに必要事項を登録したら、問い合わせ番号として「登録番号」が発行されるので、その登録番号で結果を確認。
結果は「承認」「拒否」「保留」の3種類。回答は原則すぐ出るけれど、「保留」になったら最大72時間かかります。

で、これって「登録」じゃなくて「申請」なんで、もし「拒否」回答が出ちゃったら「大使館でビザ取ってこい」という話になるので要注意。米国大使館の日本語サイトでは「搭乗直前および緊急の渡航者にも対応可能です」と書いてはあるけれど、空港で「拒否」とか「保留」とか画面にでちゃったらかなりつらいことになること請け合いなんで、早め早めにやっといた方がよいですな。

メリケンのサイトにはもう少し細かいQ&Aがのってまして。
再申請をしないといけない場合の例として(3)旅行者が性別を変更した場合っつーのを明記してあるのが開けてるなぁというかんじ。ちなみに

インターネットアクセスがない旅行者はどうすればよいのでしょうか?
という質問には、
親戚や旅行代理店のような第三者が代わりに申請することができます。

という素敵な回答が。ネットにアクセスできない奴は基本くるなっつーことですか。
個人的には、 全角と半角間違えて申請失敗するパターンとか、子供の申請うっかり忘れるパターンを危惧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 08, 2008

オリンピック開会式はハイビジョンで。嘘だけど。

すみません。私、全くオリンピックには興味がないとですよ。
でも、まぁせっかくハイビジョンテレビ様がうちに鎮座ましましてるわけだし、「地上波デジタルよりもビットレートが高くて高画質」といわれるNHKのBSデジタルはいびじょーんで開会式だけでも見てみようと思ったわけですが。
Test
これって、大気汚染にかけたNHKなりのメタ表現?
でも大量消費イズム満載で食傷気味のお祭り騒ぎよりもこっちの方が今の人類にはある意味大事だと思うのでNHKは正しいことをやったのかも。今回は視聴料払う気になったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)