>

« ぼちぼち書いていきます | トップページ | 金曜お休みで食べてきましたよ。シンガポール »

April 06, 2008

成田空港の出入国自動化ゲートを3回ほど使ってみました

以前書いた成田空港の出入国自動化ゲートを、その後3回ほど使ってみました。
結果は下の表の通り。意外と朝便でシンガポールやバンコクからSQで成田に着いたときに役立ちました。というのもこの時間帯は入国審査場の窓口が半分閉まってるからエコノミー後方に座っていてのんびり審査場に向かうような行動パターンだと混みやすいみたい。
先日(金曜有給でシンガポール→月曜早朝成田着そのまま仕事)というパターンをやらかしましたがバンコク便とシンガポール便が同時着&エコノミー後方で座っていたもんだから片肺運用の審査場がすごいことになって、奥にある自動化ゲートにたどり着くまでに関東大震災の如く並んでいる人を押し分けていく必要がありました。人並みを抜けてゲートにたどり着いたらあとは楽なんだけどね。

 いつ  出国  入国
年越しに
シンガポール
 
午前出発
審査場それほど混まず拍子抜け
パスポート読取数度失敗
早朝到着
審査場混雑
問題なく通過
2月に
ラスベガス
夕方出発
審査場がらがら
パスポート読取1度失敗
午後到着
審査場ぼちぼち混雑
パスポート読取1度失敗
3月に
シンガポール
午前出発
審査場結構混雑
パスポート読取・
指紋読取共に1度失敗
早朝到着 
審査場激混み
一般窓口に並ぶ人を押し分けてゲートまで行く必要有り
問題なく通過

手順その1「パスポートをスキャナに押しつけて読み取り」
数度失敗して、ガラス面の左上隅にパスポートの角をきっちりくっつけて上からしっかり押しつけるのがコツだとわかりました。
バッテラを型押しするイメージで。読み取りにはかなりの時間がかかります。タイミングによってはエラーが出ることも。

「バファリンから優しさをのぞいた残り半分はなんなのか」
「世界から戦争のなくなる日は来るのか」
 
「なぜ人は愛という幻想を抱くのか」 

など、ゲートの前でバッテラ作りのポーズを取りながら答えのない問いで1分ほどぐーるぐーる逡巡するのが最近のパターン。

手順その2「指紋を読み取り」
指紋の読み取り自体は最初の登録時と違って10秒程度で1発OKになることが多いです。
空港で機械の機嫌が悪くなかなか登録できないケース(児玉 崇さん:「烏龍の旅」)を読んだので、入国管理局で異人さんに混じってスムースに指紋登録した自分としては機械の性能のばらつきがあるのではないかと思っています。

ただ、入国手続きがすぐ終わったとしても、預け荷物がある人は結局荷物待ちで時間を取られるわけだから、機内持ち込みでOKな人は預け荷物を作らないようにした方が自動化ゲートのメリットが生きてくると思う。

というか、エコノミーで、預け荷物の優先扱いされないステータスの人が荷物預けちゃったら帰国時の自動化ゲートの時間的意味は全くないのでご注意を。

ここまで書いていて思ったのだけど、ICパスポート専用にして、非接触でパスポート確認してから生体認証かける方が早いんじゃないかと思ったのだけど。光学スキャンによる認証よりはICチップの鍵での認証使った方がコピーされにくいし、全然早いと思うし。
ちなみにイギリスではIRISという、瞳での入国審査が始まっていると言うことだけど、こっちの方が早くて確実そうに思えるのは気のせい?
多分法務省はアメリカで昔運用されてたINS-PASSをお手本にして指紋認証にしているんだろうけど、こういうところで日本のお役所って技術の運用が下手だと思う。お金も技術も持ってることより、使い方が大事なのにね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76055/40791614

この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港の出入国自動化ゲートを3回ほど使ってみました:

コメント

コメントを書く
内容確認のため掲載に時間がかかります:私の気にくわないコメントは掲載されません)