« November 2007 | トップページ | April 2008 »

December 12, 2007

武蔵小山・小山台高校横、手打蕎麦「ちりん」

ちりんさんのHPはこちら
Chirin
全長800mの巨大な商店街パルムを持つ町、武蔵小山。賑やかな町といろいろ取り上げられるけど、商店街のないサイドは道一本入ったらきわめて地味かつ静かな住宅街。
小山台高校側の出口を出て家路につく途中に、古い薬屋がありまして。店先の「メスコン」・「トノス」の張り紙に瑠璃子嬢が感銘していた思い出もありましたが、気がついたらあれよあれよと改装。白木のカウンターの手打ち蕎麦屋になってました。場所はこの辺
うん。カウンタータイプなんだけど寿司屋でもなくて、ラーメン屋でもなくてゆでめん暖めるタイプの蕎麦屋でもなくて、生麺からゆでて蕎麦湯が出てくる蕎麦屋。
もともと、武蔵小山のこちらサイドは飲食店も少なくて、こちらで外食をしたいときにはラーメンの「ボニートボニート」か洋食の「ヤナギヤ」に遠征する世界。おいしい蕎麦を食べたいときには会社の近くの日本橋「そば久」か南北線で麻布十番「更科堀井」にいく始末ですから、通勤経路にうまい蕎麦屋が出来るということはあなた、ジョージソロスと養子縁組(かつ遺産総取り)するくらいありがたいことなのですよ。バフェットの方が好きですが。
閑話休題。せいろとかけを頂いてみましたが、せいろの方が蕎麦の香りをはっきり味わえておすすめ。
というか、家の近所で600円でこういうそばがいただけるのがなんだか世間様に申し訳ない。
若い店員さんが二人きりで全部こなしている店なので若干待つこともありますが、そのあたりはのんびり構えるが吉。
2階に静かなテーブル席が8席ありますが、前述の理由で人数をまとめて事前に予約を取った方がベター。
営業は夜18時からで蕎麦がなくなり次第閉店。土日は実験的に13時くらいからやっているとのこと。休みは今のところ不定休。
写真はそば茶プリン。ナッツの香りのする軽いごま豆腐といった趣でこちらもおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

December 04, 2007

出入国自動化ゲート・登録してきました

Wr
以前書いてた、成田空港の出入国自動化ゲート。空港でも登録は出来るようだけど、次に使うのは出国ラッシュまっただ中の12月30日。しかも午前便。登録する方もされる方もお互い精神衛生的に悪そうなので、事前登録に行ってきましたよ。場所は品川駅からバス10分。東京入国管理局。
港南口のバス乗り場に行ってみるとなんだか長蛇の列。これが皆さん入国管理局に向かうのですよ。バスに乗るとき待ちかまえてた中国系のおばさんに、中国語新聞を渡されそうになりました。(あれは情報誌?)中国語・韓国語・タガログ語・ヒンズー語が混じり合う車内で揺られていると大きな建物の前でバスが止まりわらわらと人々が降りていきます。
地方のちょっとした市役所位の大きさのある結構でかいビルの中は車内にもまして人種のるつぼ。というかここでは私が紛れもなくマイノリティ。
再入国許可手続きのエリアに急ごしらえで作ったっぽい自動化ゲート登録窓口では、番号札発券機の設置が間に合わないのかホワイトボードに職員さんが「ただいま**番の方が手続き中です」と手作業で進捗具合を更新してました。
登録は2つの窓口で処理していて、自分が来たときの番号「22番」から、自分の番号「37番」に行くまで70~80分くらい。
記入済みの書類とパスポートを出して両方の人差し指を機械に登録→パスポートに登録済みのはんこを押してもらう手続きは自分の場合5分弱ですんだけど、隣の窓口のインド系の殿方はすべての指が認識されず、再チャレンジにも関わらず登録NGになっていました。このあたり機械が厳密すぎるのか、認識にくせがあるのかどっち?。
いっそのこと、指紋じゃなくて指静脈認証でもよかったのかもね。大根で静脈認証機をだませた事例があるけど、大根と小刀もって飛行機に乗る人はそんなにいないと思うし。
ちなみに日本人は私達だけ。窓口に掲げてあった図を見る限りではそれぞれの審査場には今のところ日本人と外国人それぞれ1個ずつ登録者専用自動化ゲートがあるので、「どうせ指紋と顔写真とられるなら専用窓口でさっさと入国」という大陸的合理主義の現れなのかなぁと考えたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)