>

« 海外逃亡記録(8) | トップページ | 君よ知るやねず公の国(睡眠時間3時間でフロリダディズニーワールドリゾート1日目) »

May 05, 2007

君よ知るやねず公の国(ロサンゼルス→フロリダ・ディズニーワールド到着まで)

P103049703.jpg

P103049905.jpg

P103050309.jpg

P103050713.jpg

P103050814.jpg

漫画喫茶で暮らす人の如く、ラウンジのクラッカーとお茶で命をつなぎながら正午から午後10時まで10時間つぶすという壮大な時間つぶしのあげくようやく時は経ち、えっちらおっちら10分ほど歩いて隣の6番ターミナルに移動。そのターミナルの端の端の端っこに今回の目的ゲート67Bが。ゲートに座り込むお子様と老人の群れ。係員曰く出発が約1時間遅れるとのこと。もうどうにでもしてという感で近くの売店でシュガーフリーのトフィーを買い(一回に食べる想定量7個で120キロカロリーという驚異の商品。ダイエット大国アメリカならですな)だらだらしているとようやく搭乗の案内が。

今回は夜行便と早朝便の組み合わせだったので片道15000マイルを払い出して往復ファーストクラスにアップグレードしたけど結論的には正解だったかも。国内線のファーストクラスは国際線のビジネスクラスからフットレストを取って簡素化した物だけれど、なんといっても長時間座っていても尻が痛くないのですよ。
尻が痛くないのは素晴らしいことです

夜行便なので、ねているかスナックを出すか聞かれてスナックを選択したらフルーツとチーズの盛り合わせが来ました。酒を飲む人にはいいかと思いますがそうでない身にはやや微妙。

ipodから流れてくるのは中島みゆき。窓の外にきらきら光る街の明かりがゆっくりゆっくりと流れていく。知らない街から知らない街に移動するときの自由で捨て鉢な気持ちに乾いた歌声がとてもよく似合う。
一歩間違うと「歌うヘッドライト」ですが。


移動時間25時間に対して睡眠時間正味3時間の状態でディズニーワールドリゾートの玄関口、オーランド国際空港に到着。モノレールに乗って中央ビルに。間違えないようにBターミナルにいって、3階から2階に下りると「ディズニーマジカルエクスプレス」の札を持ったおばさまが。「エレベーターで1階おりたらすぐに受け付けあるわよ」の指示に従って、降りたらほんとにすぐに受付がありました。

日本からネットで予約した受付票を出して、バウチャーをもらう。係員の誘導で「ポップセンチュリー」行きのバスに搭乗。

ちなみに「ディズニーマジカルエクスプレス」っつーのは羞恥プレイの名称ではなくてディズニー直営のホテルに宿泊するとついてくる送迎バスのこと。単純送迎だけではなくて、出発時に空港で預けた荷物がそのまま部屋に直送されたりホテルで飛行機のチェックインをすると荷物がそのまま飛行機に搭載されるという非常にありがたいシステムですな。自分は預け荷物がない人間なのであまり関係ありませんが。

P103050915.jpg

P103051218.jpg

P103051319.jpg

P103051420.jpg

P103051521.jpg

P103051824.jpg

P103052329.jpg

そんでもってバスは目的地の「ディズニーポップセンチュリーリゾート」に到着。このホテルは20世紀をテーマにしたホテルで、建物の棟が年代別に分かれているのが特徴。今回はフロント棟から近い部屋の料金で取っていたのだけれども、ホテルに着いたのが朝8時なので15時まで部屋が決まらない旨説明を受ける。とりあえずホテルの地図と部屋問いあわせ用の電話番号の紙、そして何より大事なディズニーリゾートIDをもらう。このIDはホテルの鍵にもなるし、テーマパークのチケットにもなるし、買い物をしたときもこのカードで決済できるというカード。テーマパーク内でジュース買うときなど、小銭を数えなくてもサインレス決済してもらえるのはとても便利。
事実、今回の滞在で現金を使ったのは2回のみでした。

荷物センターにいって、部屋が決まるまで荷物を預かってほしい旨伝えると「部屋まで荷物を入れておこうか?」とのお言葉。お願いしたところ、実際に部屋に入ったら荷物が先に部屋に到着していました。素晴らしい。

貴重品だけもって、7時間待つのもあれなので、バスセンターからエプコット行きのバスに乗って10分程度で到着。

バス停から入場ゲートまでのアプローチは意外に緑豊か。新宿御苑のようなのんびりした空気の中、入場。
ちなみにディズニーワールドの入場の仕方は「チケットを機械に差し込む」→「指紋を機械に読み取らせる」というものでした。この手続きを踏むことで再入場するときに腕にスタンプを押してもらう必要がないとのこと。気軽に何回も出たり入ったりできるので気軽に疲れたら部屋で休んだり、パーク外で食事できるのはよいシステムだなと感銘。

ネスレ提供のThe LANDというアトラクションの食堂で、朝食を取ろうとしたらあまりにもでかいのでフレンチトーストのキッズミールを。








|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76055/14957138

この記事へのトラックバック一覧です: 君よ知るやねず公の国(ロサンゼルス→フロリダ・ディズニーワールド到着まで):

コメント

1年て早いですね
無事命の洗濯ができたようで何よりです
この勢いで今年後半乗り切ってください☆
そのうち、新丸ビル案内してくださいな

投稿者: D (May 6, 2007 2:39:26 PM)

ありがとう。でもまだ時差ボケなおらずで乗り切れるのかやや不安です。とりあえずこれからアメリカ行くときはここに行くことにしました。
新丸ビル。丸ビル行くときにちょっとだけ入りました。めちゃくちゃ根でたのですぐ逃げたけど。

投稿者: たくぼん (May 7, 2007 6:05:20 AM)

コメントを書く
内容確認のため掲載に時間がかかります:私の気にくわないコメントは掲載されません)