>

« もうこうなったら全部現地調達の方向で | トップページ | 鉄鍋のジャン »

August 21, 2006

コリント人改め甘夏嬢への手紙(肩こり編)

最近、疲れとります。特に眼・首・肩。
先日なんかついに「肩が凝りすぎて吐き気がする」レベルまでいきましたので目黒の足裏マッサージ(チェーン店)に行ってきましたですよ。
お店の雰囲気が静かだし、マッサージ内容もそんなに悪くないので気に入ってはいるのだけど、ただ一つの難点はフットバス中に渡されるパンフレット。
以前はマッサージスクールの宣伝周りだったのが久しぶりにボリュームアップしたそれを開いてみると「ホニャララを浄化する水」だとかなんとかだかオカルトスピリチュアル方向のチラシが増えていて、そっち方面にアレルギーのある私としては複雑な心情に。
需要のあるところに商売の種を求めるのは自然なことだから否定することは出来ないけれど、そんなにお手軽にサプリメント買うような感覚でスピリチュアルなアイテムに手を出していいものかというわだかまりがあるですよ。ああいうのってもっと自分の深いところと対話しながら使うべきモノじゃないの?とか思うのだけど。
精神世界モノは「ここまで」という明確な区切りがないから自分で自分を律することが出来ない人は手を出すべきではないのではないかと案じる日々。あ、セルフコントロールの出来る人はそもそもそういうのいらないのか。

※結局肩こりは最終兵器とプールとあなたが眉をひそめそうな運動で改善の方向へ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76055/11542946

この記事へのトラックバック一覧です: コリント人改め甘夏嬢への手紙(肩こり編):

コメント

スピリチュアルという非常に便利な言葉が世間に浸透して、精神性の高いものからあやしげなものまでがオブラートにつつまれてひとくくりに日常会話に出せるようになったわね。
あやしうこそものぐるおしけれ。

投稿者: 甘夏 (Aug 26, 2006 12:39:45 AM)

コメントを書く
内容確認のため掲載に時間がかかります:私の気にくわないコメントは掲載されません)