« June 2006 | トップページ | August 2006 »

July 28, 2006

【業務連絡】無理しないことにしました

淑女の皆さんこんにちは

先日、このブログの見えないところで

「空気の読めない馬鹿は野放しにしておくと果てしなくつけあがる」

という事実を身をもって経験いたしましたので、生きとし生けるものみんなに対していい顔するのはやめることにしました。世はおしなべて対価を払わない者ほど多くを求めるモノなのね。言論の自由?平等?

心の乞食の唱える民主主義なんかクソ食らえ。

これからも書きたいことを書きたいときに心のままに書いていくわー。タダで暇人の相手をするほどゆとりがないのよ。ごめんあそばせ。
ああ心のフリーダム。もう頭痛薬飲む前に何か食べなくてもいいんだ。タイレノール万歳。

BGMは白いカイトで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 27, 2006

おおブレネリ あなたのおうちはどこ?

35億円申告漏れと報道された松岡祐子さん(ハリーポッターの訳者)について批判するエントリがそこかしこのブログで上がっていたようですが、私は彼女のなにがいかんのかよくわかりません。
二重帳簿つけたり、架空伝票で経費を水増ししたりしたわけではなくて「自分がどこに住んでいるのか=自分のベースはどこか」っつー個人の価値観の問題が本人と税務署の間で食い違ったという精神論的な話だから故意でやった脱税とは区別して考えないといかんとおもうのだけど。報道の中では実際1年365日の内何割日本に来ているのか、そして日本に来た時間の間でプライベート活動をどのくらいしているのかというところまで言及されていないのだから、これだけの情報で悪者扱いするのはどうかと思うのよね。
それにもともと源泉徴収で2割日本にギャラから抜かれて、それからスイスにも税金きちんと納めているわけで。源泉徴収分を確定申告していなければ経費を申告して税金軽くする手続きもしていないわけだからある意味いわれるまま抜かれているわけですやな。
日本とスイス間の協議が仮に行われたとして、それでやっぱりベースは日本ということになったなら、スイスでの生活費全部経費で計上しちゃったらどうかしら。理由は「島国根性から自分を脱洗脳するために必要な経費」ということで。
そんでもって払う分だけはらったら日本の財産も何もかも処分してスイスに移して日本に帰るのは盆暮れだけにしちゃうとか。
税金を払う額ともらえるサービスが反比例するのがこの国なんだから。稼いだ奴が馬鹿を見る制度を何とかしない限り、これからも日本をベースにしない高額所得者は増えていくと思う。

つーか税金払わないために国をまたいで定期移動している大橋巨泉はOKでなぜ松岡祐子はNGなのかについて言及する奴もいないわよね。申告漏れっていう言葉だけに反応しているのか。まったく「馬鹿はサイレンで泣く」とはよく言ったもので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 08, 2006

なんだかナイトメア

風邪っぽくて、ルル飲んで寝てたら

1.松浦亜弥と泉ピン子が笑顔でえんえんと腹の探り合いをする。

2.仲がよかった(という設定)中学時代の同級生がヤのつく自由業のリーダーの方の運転手になっていて、職場訪問に。

という夢を見ました。スリリングスリリング。

| | コメント (3) | トラックバック (0)