>

« 流れ流れてラスベガス | トップページ | 海外逃亡記録(1) »

May 05, 2006

ラスベガスダイエット

ラスベガスに来る前に、いくつかサイトを回ってみてラスベガスにもおいしそうなものがあるかしらと楽観的な観測をしていたのだけどパリスっつーレストランでステーキ食ってみて一気にその期待が裏切られました。
このホテルのバフェはおいしいという評判だったので安全パイかなと思っていたのだけど、肉質はいいけど下味はつけてないわ、店が大混雑でいっぱいいっぱいなのかもしれないけどサービスが荒いわで正直この値段でこれ?と愕然としたのでした。
このホテルのレストランをいっぱいにしている人たちの味覚って…と思ったのですが、そうではなく私の味覚がパリスにあわないようです。

以前サンディエゴに行ったときにチェーン店のステーキハウスに入ったときには、すごくおいしかったので「アメリカ=肉の国」という印象があったのだけど、店の当たりはずれも激しいのね。サンフランシスコで、ふらっと入ったパン屋&サラダバーやニューヨークでこれまたふらっと入ったピザ屋は思い切りビンゴだったのに、やっぱりここはお上りさん向けの観光地?

写真はコマンダーパレスというクレオール料理レストランのクラブケーキ。ここは値段に見合ったサービスと味で、ここからの教訓は「テーマパークホテルでものを食うな」「ヴェガスはうまいものを食べる際のミニマムチャージが非常に高い(逆にミニマムチャージを超えると一気に味のレベルも上がる)」ということでした。
P1020686

逆に滞在先のホテルの売店で見つけた健康志向の冷凍食品の方がへたなテーマパークホテルのレストランよりもおいしいし、量も私にはちょうどいいので最初からこういう方向の食事をしておけばよかったのではないかと後悔。(パスタが360キロカロリー、鳥の中華丼が250キロカロリー)
P1020707

昔イギリスでやった実験だったと思うけど、肥満者とそうでないグループに「おいしいアイスクリーム」と「まずいアイスクリーム」を与えると非肥満者はどちらも同じ量食べるけど、肥満者のまずいアイスクリーム摂取量は非肥満者の摂取量以下だったという結果が出たのだよ。その延長線上で考えるとヴェガスはダイエットには効果的な場所だと思われます。軽い食事だけして運動して、美しいショーをみて心を満足させればよいのだから。

次回からは食事は部屋ですませて、たまにいいレストランで食事するか帰りにサンフランシスコあたりで食を頼むことにして浮いたお金をショー鑑賞とギャンブルに回すことにしましたですよ。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76055/9903678

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガスダイエット:

コメント

Welcome back.

連休中のトピックス。
わたしもメガネフェチでした(銀のメタルフレーム限定)。
そして殿方の肩幅に弱いということも身にしみました。
浴衣を買ったので夏が楽しみです。

あなたが生の英語に触れている間のお勉強ネタは以下のとおり。
『はじめて受けるTOEIC TESTパーフェクト攻略』
『大学受験 歌って覚える英文法完全制覇』
『1日1分レッスン!Toeic TEST』
『TOEICテストに出る順英熟語』
『3ヶ月トピック英会話』
『徹底トレーニング英会話』
ただしテキストを開く時間の5倍くらいをそれ以外の本を読むのに使っているわほほほ。

投稿者: 甘夏 (May 7, 2006 4:08:27 AM)

I'm cumming(わざとスペルミス)もとい I'm back
アメリカはメガネデブの養殖場でした。ナイス目の保養。

こうなったら生の英語にあなたもふれるしかないわ。今すぐ有楽町無印前の交通会館でパスポートおとりなさい。(あ、あなた神奈川県民だったから違うんだっけ?)

投稿者: たくぼん (May 10, 2006 4:56:42 PM)

コメントを書く
内容確認のため掲載に時間がかかります:私の気にくわないコメントは掲載されません)