>

« D嬢が花をいけました | トップページ | ハッピーとアンハッピーはセットなの »

February 05, 2006

一人の休日・二人の休日【横浜中華街・金福楼】

060204_160801
今週はせっぱ詰まって大変でした。
というわけで金曜日の昼から「温泉行きたい」テンションが高まる一方。結局昼から後楽園のラクーアに。
週末は結構な込み具合だが、午前中に着けばそれほどでもない事を発見。
今回は初めて垢すりにチャレンジ。何もしなくても体がきれいになるという王様気分を満喫し、成城石井とムーミンパン屋でお買い物。帰りはメトロエムの餃子屋で餃子食って帰る土曜日でありました。【チェーン店ぽい店構えだが、餃子そのものは非常に家庭的な味で好印象】

060205_162401060205_162601
060205_162901

日曜日。D嬢より午後何か予定があるかとメール。特にないので飯か茶でもという話になり渋谷に出るが、人が多いので恵比寿に移動。恵比寿か品川に行くかという話から展開してお互い気分転換の必要ありという結論からそのまま横浜中華街にレッツゴー
初めての店、金福楼。HPの素人感に非常に引きつけられるものがあり、店の前まで行ったらまたまた「安い&うまい」系統の電波を受信したので突入。つゆそば+やきそば+野菜の炒め物+エビ餃子を注文するや否や5分も経たないうちにそば二点が来てあまりの早さにびっくり。「酒を飲む」というよりは「飯を食う」為の濃いめの味付けで、土曜日の餃子同様変に規格化されてないライブ感のある味付け。堪能させていただきました。ちなみに4品頼んで二人で三千円ちょい
とお安いのもびっくり。今度はお勧めの酢豚を食べてみたいものだよ。

(業務連絡)私の誕生会はここでよろしくお願いします。

この他にも高島屋でオークスハートのドリンクビネガーかったり、中華街の中にあった薬蜜本舗ではちみつかったりと色々新しい発見があった一日であったことよ。
寒いとどうしても閉じこもってしまいがちだけど、時々は心に新しいものを取り入れてみようとする冒険心が必要だと感じた日曜日でした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76055/8525457

この記事へのトラックバック一覧です: 一人の休日・二人の休日【横浜中華街・金福楼】:

コメント

コメントを書く
内容確認のため掲載に時間がかかります:私の気にくわないコメントは掲載されません)