>

« サァ今日もD嬢と不思議な体験を | トップページ | カレーの店うどん »

January 23, 2006

フライトプラン

この間フライトプランを先行上映で見てきましたのことよ。
話の筋はジョディーフォスター演じる飛行機エンジニアがベルリンで夫と死別。残された一人娘とアメリカの実家に帰る機内で娘が突如失踪、密室の機内の中で娘を探して半狂乱というもの。
機内の人たちはだれも娘を見ていないと、味方にならず、『くるっているのは私?』と危うい精神状態になりながら髪振り乱して機内を暴れまわるジョディーが次に何をやらかすのか不安で目が離せません。
犯罪者が主人公を追い詰めるのではなく、主人公が観客を追い詰めるというある意味斬新なサスペンス。
120ローレライ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76055/8295033

この記事へのトラックバック一覧です: フライトプラン:

コメント

やっぱり二度のアカデミー受賞の余裕でしょうか。ジョディ。
そういや同じく二度受賞のヒラリー・スワンクが主演した、「ザ・コア」も方向違いのスペクタクル満載で、私としては300ローレライぐらい進呈してあげたくなりました。

投稿者: 瑠璃子 (Jan 23, 2006 12:30:12 PM)

余裕もあるのでしょうが、ジョディ姐さんの豪快な暴れっぷりが輝いていました。水を得た魚のようにいきいきとバイオレンス三昧。
映画としては、『母性』のカウンターパートに『他人への無関心』や『大衆の愚かさと怖さ』を持ってくるあたりよくできてると思うよ。
最後のテーマについてはライブドア騒動前後の世間の反応とかぶるものを感じました。

投稿者: たくぼん【お外】 (Jan 23, 2006 7:39:15 PM)

コメントを書く
内容確認のため掲載に時間がかかります:私の気にくわないコメントは掲載されません)